合格したいなら医学部予備校を通おう|敏腕スクールサポーター

勉強

進学に付随する経済的問題

案内

進路選択時の弊害

高校生にもなると、中学生だった頃よりもさらに今後の進路選択を真剣に考えなければならなくなります。進学か就職か、それぞれの夢や目標によって選択する進路は異なってくるでしょう。一口に進学と言っても、専門学校か大学か、はたまたどの分野へ進むかといった様々な選択をしなければなりません。その中で、本当は進学したいけれど就職を選ぶ学生がいます。その理由として、家庭の経済的な問題により、進学した場合の学費を払うことが難しいということがあげられます。学業で優秀な成績を取っており、教員からも強く進学をすすめられているにもかかわらず進学を断念するのです。これは非常に残念なことです。もちろん、優秀な学力を有しているけれど進学よりも就職がしたい、という場合は別です。しかし、進学したいという意思があるにも関わらずにその願いが叶えられないというのは本人にとって不本意なことですし、保護者としても非常に心苦しいことでしょう。

経済的な問題の解決

大学に進学したとして、学費はいくらかかるのでしょうか。それは、国公立か私立か、またどの学部に所属するかにもよります。一般的に、私立よりも国公立大学の方が学費は安いと言われています。実際に、私立だと年間平均約120万円の学費がかかる一方で、国公立だと年間平均約80万円の学費で済む場合が多いようです。単純計算で、国公立と私立では年間約40万円もの差があることになります。このことを考慮すれば、経済面で不安がある場合には国公立への進学を検討するべきでしょう。また、経済的な問題を解決する方法として、奨学金の貸与を受けることがあげられます。奨学金は予約ができ、高校生の時に申し込むことで大学進学後すぐに貸与を受けることができます。大学進学後に申し込んで貸与を受けることも可能です。奨学金にも種類がいくつかあり、返済の義務があるものとないものがあります。返済の義務があるものが一般的ですが、その場合には大学を卒業して就職した後、月々に一定の金額を返済していくことになります。奨学金の貸与を受けることで家計の負担を減らすことができます。上手くいけば、保護者の援助なしに大学生活を送ることができるでしょう。