合格したいなら医学部予備校を通おう|敏腕スクールサポーター

手

学校選びのポイント

学生

通信制高校選びのポイントは、まず通える範囲内の学校をいくつかピックアップして、資料請求をしてみましょう。事前におおまかな情報を得たなら、学校訪問です。複数の学校を訪問し、学校の雰囲気、サポート体制、学費などしっかり比較を行いましょう。

把握しておたい情報

女性

医学部専門予備校

東京には数多くの医学部予備校があり、受験生の様々なニーズに対応しているため、東京近辺在住の医学部受験生は、比較的有利な環境にあるといえます。予備校のクオリティが高いというだけでも、地方の医学部受験生に少し差をつけているのです、東京在住の受験生の中で医学部受験を考えている人は、予備校に通うことを考えている人は、自分にあった医学部予備校をじっくりと探すことができます。医学部予備校は学費が大手予備校に比べて高額ですが、少人数制や、マンツーマン体制、個別カリキュラム制など、より多くの生徒を最短で医学部に合格させるためのシステムが整っています。大手予備校の場合は、大人数のクラスでアイドル講師の授業を受けたりするのですが、必ずしもそれが個人のニーズに答えるものであるとは限らないのです。

選ぶなら少人数制

東京で医学部予備校を選ぶなら、少人数制がおススメです。大人数のクラスであれば、身を隠しやすいですが、自分のペースで学習することはできません。理解できない箇所を聞くのも、授業が終わった後になります。その点少人数制であれば、まず講師が生徒の学習状況を把握することができます。そして個別カリキュラムを用意することもできますし、理解の浅い箇所の説明を詳しく行うこともできます。少人数制やマンツーマン体制であれば、自分のペースで、苦手分野に絞った学習をすることが出来るのでおススメです。また金銭的に余裕があるのなら、寮に入るというのも一つの方法です。寮生活をすることで、日常生活における誘惑を断ち切ることができるからです。

大きな教育改革

笑顔の女性

国立大学の入試は、一次試験にセンター試験を受けて、それぞれの大学の二次試験を受験するという方式です。現在それが見直され、2020年度から新たな方式に変化するよう話が進められています。これは、日本の教育にとって大きな改革です。

進学に付随する経済的問題

案内

進路を選択する際、家庭の経済的な問題により進学ではなく就職を選ばざるを得ないのは非常に残念なことです。しかし、経済的な問題がある場合でも解決策はあります。国公立大学への進学を検討すること、奨学金の貸与を受けることなどです。このことにより、家計の負担を減らしつつ学費を払うことができるでしょう。